2005年03月16日

ピアノ日記――エチュード

2年半前にピアノをはじめたとき、わたしはクラシックの知識がまるでなかった(いまもあんまりないけど)。ショパンの曲はいくつか聴いたことがあって、「ショパンっていいな〜、弾いてみたいな〜」と思っていた程度。

習いにいくことも決まり、最初のレッスン日まで待ちきれなくて、自分で楽譜をさがすことにした。そのときふと、エチュードって確か練習曲のことだったなと思い、それで練習すればいいんだと思って1冊購入。ショパンのエチュード集。中身を見もせずに、アマゾンで。

……え゛……なにこれ……。届いた楽譜をパラパラめくってみて固まった。

うちひしがれること数分。気を取り直して最初の解説を見てみると、あの「別れの曲」も「革命」も「黒鍵」もエチュードだったのだ。「革命」なんかはいかにもむずかしそうだけど、「別れの曲」はわりとゆっくりだし、練習すれば弾けるかも。

そしてそのページを開いてみた。

…………。

これの……これのどこが練習曲だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!_| ̄|○

ピアノをはじめるまでもなく味わった挫折である。それ以来、その楽譜は開かれることもなく、ピアノの横でほこりをかぶることとなった。


わたしがポピュラーに走ったのは、このことがあったからかもしれない。でもこれからはクラシックをがんばるんだもんね。
posted by 里緒 at 11:23| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにショパンのエチュード集は、初めてて見ると固まりますね(^▽^;)
でも不思議な物で、毎日見ていると見慣れてくるんですよね。
弾けないけど( ̄□ ̄;)・・・・・(笑
Posted by ビリー at 2005年03月16日 22:36
エチュード=練習曲で初心者の練習用だと思ってしまったのが悲劇のはじまりでした(^^;)。
特に全音のはほかのよりむずかしそうに見える気がします。
Posted by 里緒 at 2005年03月16日 22:46
そういうときこそ、イメトレですよ!

サイト、春らしいですね。グリーンがアボガド色っぽくてかわいいです。
Posted by スミゴルフ at 2005年03月17日 18:37
これは2年半前の話なんですけど、イメトレってけっこういいかもしれませんね。今、幻想即興曲とノクターン(夜想曲)を聴きまくってます。

テンプレート、新しいのができてたのでためしてみました。アボカド色は気がつかなかったです〜。
Posted by 里緒 at 2005年03月17日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2438474

この記事へのトラックバック

ショパン練習曲
Excerpt: 「ピアノの詩人」と謳われ数々の名曲を残したショパンも練習曲を作曲しています。 作...
Weblog: たまよのピアノお稽古部屋
Tracked: 2005-03-21 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。