2006年11月25日

終わった〜

ピアノの発表会、無事(とはいえないが)終了〜。

会場は、事前に調べたら600人入る大ホールということだったのでビビッていたのですが、数字から想像するよりこぢんまりしたホールでした。ピアノはあこがれのスタインウェイのグランドピアノ! はじめてだよ〜。でも鍵盤が軽くてペダルが重く、いつものピアノとずいぶん勝手が違うので、リハーサルのときに戸惑ってしまいました。音はさすがにきれいでしたが。

内輪だけの発表会ということで、お客さんはたぶん身内ばかり。少ないから緊張しないというわけではなく……。いっぱいまちがえました(トホホ)。失敗する確率が高く、直前まで不安が残ったところが何箇所かあったのですが、そこは全部だいじょうぶで、ふだんまちがえないところでやっちゃいました。まあそういうことなので、あがってはいたんでしょうが、まっ白になることはなくてよかったです。最後の18小節はきれいにまとまったと思います。

ま、終わりよければすべてよし、ということで。いやなことは終わった瞬間に忘れました。今となってはいい思い出です。(早い?)

わたしのあとの人は、同じドビュッシーのアラベスク第1番を弾いたのですが、すごく素敵でした。いつかわたしも弾けるようになりたいなあ。

とりあえず次は、ショパンのノクターン2番をやりま〜す。
posted by 里緒 at 20:00| Comment(2) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スタインウエィのピアノですか。

いつかはスタインウエィと云うわけにはいきませんが、ピアノを弾く人にとって憧れのピアノですね。

去年バンドのリハの時に初めてスタインウエィをポロンと弾いてみました。

何と奇麗な音がするのだろう、と感激しました。
Posted by kimy出町 at 2007年03月18日 22:59
kimy出町さん

こんな古い記事にまでコメントをくださってありがとうございますm(_ _)m

あこがれのスタインウェイを弾けたのは嬉しかったですが、鍵盤が軽いのは意外でした。
音はほんとにきれいですよね。じょうずに演奏できたらよかったのですが……。
Posted by 里緒 at 2007年03月19日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。