2005年05月11日

女性専用車両その2

今朝もピアノのレッスンに行くときに女性専用車両に乗った。きのうより2本遅い電車だったけど、なぜかきのうすわった場所だけまた空いていた。でもほかの人にすわられてしまった。

車内では、携帯メールをしている人2割(優先座席付近以外では、メールはOKなのだ)、本や雑誌を読んでいる人2割、イヤホンで音楽(とは限らないけど)を聴いている人1割、静かにおしゃべりをしている人1割、寝ている人1割。あとの人はただお行儀よくすわっていた。なかなか快適な空間だ。

そんなことを観察していて、危うく乗り過ごすところだった。
posted by 里緒 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もそうやって観察してたなあ・・とっても静かでした、私が乗ってたのも。
まあ男性からしたら腹立たしいのでしょうけど、
でも、やっぱり快適だし、私はすすんで乗っては観察してました。
でも、今は知らないけど、そのときは、時間制限があったの、何時から何時までって。
東京の場合、一日中なの?だとしたら、すごい。
Posted by naoko at 2005年05月12日 10:40
男性のほうも、痴漢に間違われなくてすむからいいという声もあるってどこかに書いてあった。でも女性が全員女性専用車両に乗るわけじゃないよね。
時間は、わたしの使う線は始発から9時半だよ。どの時点で9時半ならいいのかってのがわからないけど。
Posted by 里緒 at 2005年05月12日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3564647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。