2007年11月27日

釜飯の釜でごはんを炊きました

これがやってみたくて、先日スーパーの駅弁フェアで釜飯を買ったのだ(中身はおいしくいただきました)。

これ。↓
071127_1818~0001.jpg

買ってからわかったんだけど、蓋がプラスチックだった。反則だよ〜(T-T)。



米1合と水180mlを入れて強火にかける。蓋は、しかたがないので小鍋のガラス蓋で。

071127_1823~0001.jpg



ふきこぼれてきたら蓋をずらしてとろ火に。

071127_1827~0001.jpg

写真を撮るのに気をとられて火を弱めるのが遅れ、いっぱいふきこぼれてしまった(^^;)。

071127_1833~0001.jpg




表面の水がなくなってきたら蓋をもどして火を止め、15分蒸らす。




071127_1851~0001.jpg

できあがり!

071127_1852~0002.jpg

なかなかおいしそうだ〜。

071127_1903~0001.jpg

おこげもほどよく。




いただきま〜す。




いっぱいふきこぼしたせいか、ちょっと硬めだったけど、それはそれでとってもおいしかった(*^-^*)。

大成功〜!



炊き方は、峠の釜めし本舗おぎのやさんのサイトを参考にさせていただきました。



posted by 里緒 at 20:10| Comment(2) | 手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、なるほど、ここに「反則」っていう言葉があるからぺんたが反応したわけね。
それにしても、おいしく炊けたもんだねえ。
じょうずじょうず!
炊飯器より早く炊けるしおいしいよね。
私もパリでは炊飯器がないから当たり前のようにおなべとかで炊いていたけど、やっぱりあると炊飯器を使ってしまう。
Posted by naoko at 2007年12月15日 13:00
お鍋で炊くとおいしいよね。
わたしも発芽玄米を炊くときとかは、炊飯器では噴いちゃうのでお鍋で炊くんだけど、釜めしの釜ってのがちょっと魅力的でしょ。一度やってみたかったの〜(一度しかやってないけど(^^;))。
Posted by 里緒 at 2007年12月15日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。