2005年03月22日

ピアノ日記――ハノン

「ハノン」を買った。いままでは「おとなのハノン」というのを使っていたんだけど、本物(?)のハノンと全然違ってたのだ。

わたしが最初にポピュラーから入ったせいか、先生には基礎をやれといわれたことがなくて、「おとなのハノン」はわたしが勝手に選んだものだった。そういえば、これを見せたときの先生の反応が微妙だったな〜。で、これは指の力をつけるために使いましょうといわれ、ゆっくりでいいからとにかく「強くたたく」ことを教えられていた。最近になってABCとブルクミュラーをはじめたけど、こちらは指づかいと表現力の練習ということだったし、いままで速さの練習はしてこなかった。

ビリーさんがいつもハノンの練習を熱心にやっていらっしゃるので、どんなものかな〜と思って見にいってみて、あまりの違いにショックを受けた。わたしの持ってるのは「おとなの」といいながら、本物のよりずっと子どもだましじゃんって感じ。速度の指定もないし。

買って帰ってまず1番を2〜3回弾いてみて、そのあとメトロノームを指定のいちばん遅い60に合わせた。……これって……。16分音符だから、メトロノームが1回打つごとに音符を4つたたかなきゃいけないんだよね? けっこうな速さじゃん。またまたショック。いままでの練習じゃ、何年たっても幻想即興曲なんか弾けるようにならないよ〜。これからは速度の練習もやらなきゃ。

やっぱり指よね。指がちゃんと動かなければ話にならないもん。指といえば、ユンディ・リの「ポートレイト」についているDVDを観て感動した。幻想即興曲やアンダンテ・スピアナートを弾くユンディの指がすごくやわらかいのだ。まるで猫をやさしくなでているような……。あこがれてしまう。わたしの指はまだガチガチだ。あんなふうにやさしく弾けるようになりたい。
posted by 里緒 at 23:58| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ピアノ日記――ハノンその2

ハノンの指定速度が、いちばん遅くてもけっこう速いと下の記事に書いたら、はじめのうちは16分音符を8分音符と考えて練習するといいと、ビリーさんからコメントをいただいた。それで60からはじめて少しずつ速度をあげながら練習しているんだけど、3回も続けて弾くと手首が痛くなってくる。手首というか、手首から10センチほど下(ひじ寄り)の小指側の側面(説明がむずかしい〜)。これって筋肉痛かなあ? そんなに力を入れてるつもりはないんだけど……。ハノン以外の曲を弾くときは、ぜんぜん痛くならないのに。思わず腱鞘炎について調べてみたりもして(^^;)。

脱力ってむずかしいみたい。ネットで調べてみても、よくわからない。書いている本人もちゃんと脱力をマスターできてなかったりもするし。これから課題が山積みだなあ。
posted by 里緒 at 17:37| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ピアノ日記――暗譜\(^o^)/

ワルツ3番、暗譜できた〜。いつもつっかえるのは同じところ数箇所なので、その前後を集中して練習したのだ。今朝出かける前に楽譜なしで弾いてみたらなんとな〜く弾けたけど、ちょっと怪しかったので、確認のため今もう一度弾いてみたら、ちゃんと弾けた♪ やっぱり暗譜のほうが弾きやすい。楽譜を見ながらだとちょっと気が散ったりするのよね。暗譜しようと思ってしたのははじめてだったけど、ま、よしとしよう。

あと、苦手だったトリルもできるようになった。ノクターン(夜想曲)のトリルはできるのにワルツ3番のができなかったのは、左手だからなのかな。でもこれは特にがんばって練習したわけでもないけど、気がついたらできるようになっていた。ハノンのおかげ?(ってほどやってないか。)ちょっとずつでも進歩が見えると嬉しいなあ。
posted by 里緒 at 18:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

ピアノ日記――脱力

きょうは脱力を意識して、ハノンの練習(ビリーさん、いつもありがとうございますm(_ _)m)。弾く前に充分時間をかけて力を抜いていく、というのをまずやったら、いつもよりたくさん練習しても手首はほとんど痛くならなかった。いままでいかに力が入ってたかということね。慣れるまで、ちゃんと意識して力を抜くことが大切だなあと実感した。

片手ずつとか両手いっしょにとか、変奏とかをやりながら、速度をあげていき、ようやく指定のいちばん遅い速度まで到達(半分の速度からはじめたので)。もう少し速く弾けるようになったら、次の曲もやってみようかな。

ワルツ3番は、暗譜できたと思っていたのに、まだ2箇所克服できていなかった。くやし〜。でも今度こそ暗譜できたはず。

レッスンは月2回だけど、今月は先生の都合で1回だけなので、次のレッスン(4月13日)までに見違えるようにうまくなってやるんだ〜。
posted by 里緒 at 18:20| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ピアノ日記――ピアニシモ

ワルツ3番、暗譜でわりとすらすら弾けるようになった♪ でもまだミスタッチがあるので、それを克服せねば。

いちばん最後のピアニシモのところ、弱く弾こうとして右手のラの音が出ないことが多かったんだけど(小指だし)、ちゃんと小さくきれいに出るようになったのが嬉しい。弱い音をしっかり出すほうが、強い音を出すよりもむずかしいのよね。指の力がついてきたからかな。それとも脱力ができてるってことかな? どっちだっけ。

ノクターンはまだゆっくりだけど、最後まで弾いても疲れなくなってきた。気長にがんばりましょ。幻想即興曲はまだ挫折中。ハノンでもっと指が動くようになってから復活予定。
posted by 里緒 at 21:13| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

ピアノ日記――表現力

きのう久しぶりにワルツ3番のCDを聴いてみたら、自分の演奏とのあまりの違いに愕然とした。わたしの演奏って、棒読みっていうか、表情がないっていうか……。CDでは、楽譜には指示がないけどところどころゆっくりめになっていたり速くなっていたりする。強弱以外にもそういう表現のしかたがあるのか〜。こういうのって自分の解釈でやってるんだろうか。ほかにワルツ3番の入ったCDを持ってないから比べようがないんだけど。

とりあえず何度もCDを聴いてみて、まねできそうなところはすることにした。きょうはその練習。でもまねするっていってもむずかしいのよね。で、わたしなりにいろいろ工夫してみたんだけど、なんとなくよくなってきたような気がする。次のレッスンで先生を驚かせたいなぁ。でもそんな表現のしかたじゃだめーっていわれたらどうしよう。

表現力って、どうやったらつくのかなあ。ハノンをやれば指が動くようになる、みたいな練習方法があるわけじゃないだろうしなあ。いい演奏をたくさん聴いて感性を養うのがいいのかしら。永遠の課題となりそうだ。
posted by 里緒 at 18:27| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

ピアノ日記――録音

はじめて自分の演奏を録音してみた。

わたしのピアノには録音機能がついていないので、どうやって録音しようかなあと前から考えていたんだけど、これを買ってみた。こういうのって、声を録音するのに使うものと思ってたけど、いろいろ調べたら音楽用にもけっこう使えるみたいで、バンドの練習を録音するのに使っている人も多いらしい。ステレオマイク内蔵だし、MP3での録音だし、本体をそのままパソコンのUSBにさしてファイルを取り込めるのが気に入った。音質もこの手のものではかなりいいらしい。自分の練習に使うだけなので、充分でしょ。

で、さっそく録音。いや〜、自分で聴くだけとはいえ、緊張するのね〜。まちがいまくり。3回録音し、本体から聴いてみたり、パソコンに取り込んでMedia Playerで聴いてみたり。これで苦手なところがはっきりした。録音すると、自分の演奏を客観的に見られておもしろいし勉強になる。そのうち、気が向いたらHPで公開するかも(しないかも)。

posted by 里緒 at 12:20| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

ピアノ日記――はずかしながら……

録音したのを思い切って公開しちゃいます。自分への戒めとして。

ミスタッチだらけだし、音がちゃんと出てないとこもあるし、ものすご〜く聴き苦しいですが、練習中ということでご了承ください。そのうちもっとちゃんと弾けるようになったらアップしなおします。

ワルツ3番
posted by 里緒 at 18:07| ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

ピアノ日記――あれこれ

きょうも午前中は録音して遊んでしまった。ノクターンはまだ譜読みもちゃんとできてないし、ここ数日はまったく弾かなかったんだけど、遊びでいきなり録音してみたら、楽譜は3ページなのに14分もかかった。大ウケ。

注文していたルービンシュタインのワルツ全曲のCDが届いたので、聴いてみた。ワルツ3番、すでにCDを持っていたアシュケナージの演奏とぜんぜん違う。アシュケナージはわりと速くあっさりしていて、ルービンシュタインは間を充分にとっている感じ。同じ曲でここまで違うとは。アシュケナージしか知らなかったので、ちょっとまねしようと思ってたけど、やっぱり自分の思うように弾くことにした(ていうか、まねできないだけだけど)。

これと一緒に、ピアノ曲がいろいろ入ったCDも買ったんだけど、聴いているとあれもこれも弾きたくなってしまう。どうせやさしそうに聴こえてもむずかしいんだろうなぁ。よし、あした楽譜を偵察に行くぞ。

あしたといえば、久しぶりのレッスンだ〜。ブルグミュラーのアラベスクが弾けないのよぅ(T^T)。練習すればするほど悪くなる。どうもこの曲に嫌われてるみたい。もう弾きたくない〜。次の曲は弾けるようになったので、それで許してくれないかしら。
posted by 里緒 at 15:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

ピアノ日記――久しぶりのレッスン

5週間ぶりのレッスン。久しぶりに弾くグランドピアノは、なんだか少し違うように感じた。

問題のアラベスク、さんざん言い訳をしてから弾きはじめる。ここ数日のひどさに比べたらちょっとましな気がしたけど、やっぱりかなりあやしい。ゆっくりめに弾いてみるようにいわれてもう一度。……さらにあやしい。

「まぁこれは、ハノンをやっていくうちに弾けるようになってくるでしょう。思い出したころに弾いてみると、案外弾けたりするものよ」

いえ、思い出したくないです。でもそんなわけで、おまけのOK。よかった。もうすっぱり忘れることにするぞ。

ワルツ3番。楽譜なしで弾いてみます!と宣言。緊張していっぱいまちがえたけど、まあまあ気分よく弾けた。よく暗譜できましたねえとほめられた。途中のフォルテからピアノになるところ、弱くしようとするあまりメロディがあいまいになっていると指摘され、あとは細かいところを2箇所ほど注意されただけで、この調子でいくようにとのこと。


帰りに楽器店へ寄って楽譜を物色。きのう聴いたCDの中から、弾きやすそうで好きな曲をメモしていったのだ。ショパンのワルツは7番と10番がよさそうだと思ったので、ワルツ集を手にとってパラパラ見てみた。あ〜、ワルツって平和だなぁ。黒い部分の多いエチュード集とはぜんぜん違うよ。7番より10番のほうが簡単そう。そして買って帰ることに。あとショパン以外のもいくつかメモしていったんだけど、手に負えそうにないのであきらめた。

帰ってお昼を食べてから、さっそくワルツ10番に挑戦(全4ページ)。初見で、ゆ〜っくりながらも最後まで通して弾けた(^-^)v。ノクターンなんか1ページで疲れてたのに。これはいいぞ。ノクターンの次はこれだ〜!
posted by 里緒 at 13:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

ピアノ日記――発見

050414_1135~01.JPG

ゆうべまたワルツのCDを聴いていて、わかったことがあった。

ワルツ3番には、写真にあるような小さな音符(名前があるのかしら。おいおい勉強しなくては)がたびたび出てくるんだけど、ここのリズムを勘違いしていた。わたしは前の「ラ」をしっかり四分音符の長さで弾いていたので、小さい音符からあとの「ファソファミファ……」が妙に忙しかったんだけど、ルービンシュタインは「ラ」は短めにして「ファソファ」をすばやく弾き、かつ四分音符の「ファ」はちゃんと四分音符の長さをとっているのだ。説明しにくいんだけど、要するに、わたしのは「ラーファーミファミレ……」のメロディーのリズムが崩れていたわけ。

アシュケナージを聴いていたときも、「違う違う、なにかが違う〜」と思っていたんだけど、速すぎてどう違うかはっきりわからなかったのだ(^^;)。先生からもなにもいわれなかったし(いや、考えてみたら最初のうちにいわれたような気もする)。でも改めてアシュケナージを聴いてみると、明らかにルービンシュタインと同じようになっていた。わたしの耳はどうなってるんだ。

ついひとりよがりに走る傾向があるので、ぜひここは直したい。ためしにそのやりかたで弾いてみたら、よっぽどいいような気がした。さらっと弾けるようになるまで少々練習が必要だけど、がんばります〜。きかせっこの前日とかに気づいたんじゃなくてよかった。
posted by 里緒 at 11:14| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

ピアノ日記――進歩なし(追記あり)

ノクターンがまったく進まない〜。あいかわらず通して弾くと10分以上かかる。少しずつ分けて練習しても、なんかうまくならないなぁ。この曲ってすごくむずかしいのね。今ごろ気づいた。ポピュラーやってるときは、両手とも和音だらけの曲とかよくやってたので、右手に和音があんまりないノクターンはそんなにむずかしそうに見えなかったんだけど……。見ると弾くとで大違い。ワルツ10番のほうが先にしあがりそうな予感。

追記
posted by 里緒 at 15:30| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

ピアノ日記――もとのままで

先日、装飾音符の弾き方で悩んだので先生にメールで質問し、きょうそのお返事がきた。

ルービンシュタインのように四分音符の「ファ」と左手の「レ」を合わせるやりかたは、わりと古いピアニストに多く、いまでは装飾音符の「ファ」と左手の「レ」とを合わせるのが普通の解釈となっているらしい(が、どちらでも可)。わたしは後者のやりかたで弾いていたので、そのままでいいでしょうとのこと。ちょっとホッとした。

ルービンシュタインの弾き方もステキなんだけど、自分でやってみたらむずかしかった。装飾音符をあんなに速く弾けないので、ちょっともたついた感じになってしまうのだ。

これで疑問点は解決したので、次はミスタッチをなくすことが当面の課題だな。
posted by 里緒 at 21:15| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ピアノ日記――また録音

いままでICレコーダーの本体のマイクから録音してたんだけど、なんか音がこもったような感じだったので、ピアノのヘッドホン端子とレコーダーのマイク端子をオーディオケーブルでつないで録音してみた。ちょっとだけ音がクリアになったかも。あと、スイッチを切るときの“ブチッ”という音も入らなくなったし、途中で携帯が鳴ったりしても大丈夫(^-^)v。でもちびらに鍵盤を踏まれてやり直し、というのはあった。

それにしても、ピアノのボリュームを最大にしてもこの程度の大きさでしか録音できないのはなぜだろう。弾くときにうるさいからヘッドホンを半分ずらさなきゃいけないほどなのに。

ワルツ3番(あんまり進歩なし)とノクターンの最初の5小節をアップしました。こちらです〜。

posted by 里緒 at 17:56| ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ピアノ日記――ワルツ10番

あ〜あ、また録音しちゃったよ〜。練習しはじめたばかりだからまだまだめちゃくちゃなのに、録音するとアップしたくなってしまう。

ミスタッチだらけだし、止まりそうなスピードだし、ほんとに聞き苦しいです。最後まで聴ける人はすごいです。11分36秒かかってます。ちなみにルービンシュタインが弾くと4分20秒(^▽^;)。

それでも聴いてみたいという物好きなかたはこちら
posted by 里緒 at 21:56| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

ピアノ日記――レッスン

きょうはレッスンの日だった。

まず、先日いきなりメールで質問した失礼をわびると、電話でもメールでもお気軽にといってくださった。やった〜!(^-^)v

ABCとブルグミュラーは前回の復習をやってから次に進んだんだけど、むずかしい〜。弾き終わって思わず
「ひゃ〜、むずかしい〜」
と声をあげると、
「もっとむずかしい曲をこなしていらっしゃるのにねえ」
と先生は不思議そうだった。

こういう練習曲は、ごまかしがきかないからじゃないかな(^^;)。それに、ABCとブルグミュラーに限っては楽譜どおりの指づかいでやりましょうといわれているので、それがむずかしいというのもある。わたしはついつい勝手な指づかいをしてしまうので、決められるとどうもやりづらくて。音符は覚えられるのに、どうして指づかいが覚えられないんでしょう。

ワルツ3番は、前回よりだいぶよくなったといわれた。あとは強弱をもう少しつけるのと、トリルをもう少したくさん弾くのが課題。トリルねえ……。できるときとできないときが……(;_;)。がんばります〜。
posted by 里緒 at 17:57| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ピアノ日記――ミスタッチなし

夜にヘッドホンで練習。ワルツ3番、まずかなりゆっくりのテンポで指づかいを確認しながら2回練習し、それから普通に弾いてみると、なんと、はじめてミスタッチなしで弾けた! そのあと限界まで速く弾いてみても、少しだけミスタッチはあったものの、いつもより指がよく動いているのがわかった。テンポを変えて弾くのはけっこういい練習になるかも。

さっきのはまぐれっぽいので、常にミスタッチなしで弾けるようになりたいなぁ。
posted by 里緒 at 23:53| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

ピアノ日記――リサイタル

050507_2043~01.JPG小山実稚恵さんのピアノ・リサイタルに行ってきた。

はずかしながらこの人の名前も知らなかったんだけど、たまたま新聞で見つけて、全曲ショパンだというのでチケットを取ったのだ。

ピアノのリサイタルははじめて。前から2番目の席だったんだけど、右のほうだったので手元はまったく見えず。ネットでチケットを予約したとき、「ご用意できるいちばんいい席」とこの席を指定され、選べなかったのだ。電話で予約すれば「手元が見える席!」とか注文をつけられたのかなあ。でもお顔はばっちり見えた。あと、ピアノのふた(名前はあるのかな?)の裏に腕の一部が映っていたのと、ペダルの踏み方も観察できた。

生の演奏ってやっぱりいいなぁ〜。スタインウェイの音色もすばらしい。演奏曲目は次のとおり。

ノクターン 第1番 変ロ短調 作品9−1/第2番 変ホ長調 作品9−2
バラード 第3番 変イ長調 作品47
子守歌 変ニ長調 作品57
ノクターン 第19番 ホ短調 作品72−1[遺作]
バラード 第1番 ト短調 作品23
プレリュード 嬰ハ短調 作品45
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
マズルカ 第32番 嬰ハ短調 作品50−3
舟歌 嬰ヘ長調 作品60
ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53「英雄」

おだやかな表情でとっても幸せそうに弾いていらして、きっとピアノをすごく愛していらっしゃるんだなあと思った。どれもすばらしかったけど、華麗なる大ポロネーズがいちばんよかったかな。

演奏が終わって退場されたあと、こういうのってアンコールはあるのかしらと思いながら一生懸命拍手していたら、出てこられてワルツ11番(たぶん)を演奏。退場後、拍手は鳴りやまず、またアンコールにこたえて今度は「革命」。3度目のアンコールは丁寧におじぎをされただけで退場。それでも拍手は鳴りやまず、4度目はワルツ14番。5度目のアンコールはおじぎだけ。そして6度目は舞台の端にちょこっと姿を現しててれくさそうにおじぎをして退場された。さすがにもう最後だろうということで拍手もやんだ。それにしても、アンコールで3曲も弾いてくださるなんて、大サービスだなあ。どの曲もよかった〜。

帰ったらアマゾンでCDを注文しようなんて考えていたら、サイン会がありますというアナウンスがあったので、大ポロネーズの入ったCDを買ってサインしていただくことにした。買うまでにけっこう時間がかかり、サインの列はすでにものすごい行列。40分ぐらいかかった。初心者なので、いろいろと要領が悪い。これからはCDを持っていこう。小山実稚恵さんは、サインしながらひとりひとりに笑顔で接していらして、とても感じのいいステキな方だった。サインは漢字だったりローマ字だったり。どうやって決めていたのかしら。わたしのはローマ字(写真)。

帰りに夫と待ち合わせて食事しにいったら、そこでささいなことで大喧嘩。せっかくのステキな1日が台無しだよ(-"- )。

次は10月にユンディ・リを聴きにいくんだ〜。チケットが取れたらだけど(プレオーダーの結果待ち)。
posted by 里緒 at 22:12| Comment(4) | TrackBack(1) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ピアノ日記――小山実稚恵さんのCD

きのう買った小山実稚恵さんのCD、10年以上前のだった。「華麗なる大ポロネーズ」もきのう聴いたのと雰囲気が違う。やっぱり10年以上の成果かな、きのうのほうがずっとよかった。でもピアノソナタとかマズルカの入ったCDを持ってなかったので、このCDもお気に入りの1枚になりそう。
posted by 里緒 at 12:25| Comment(2) | TrackBack(2) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ピアノ日記――メトロノーム

050510_1859~01.JPG

買っちゃった♪ ウィットナーのアニマルシリーズ。木製のとものすごく迷ったんだけど、やっぱり猫に心惹かれて……。ここで安くで買えましたわ。ほほほ。これでハノンの練習もより楽しくなるってもんよ。

あ〜でもあしたレッスンなのに、きのうもきょうも忙しくて練習ができてない〜。あとで少しでもしておかなきゃ。

posted by 里緒 at 20:14| Comment(8) | TrackBack(3) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。