2005年05月11日

ピアノ日記――レッスン

きょうはレッスンの日。ABCもブルグミュラーもOKがいただけなかった。曲としてはまあ弾けてるんだけど、練習曲なので、細かいところをきっちりやるのが目標ということで。

ABCでは、左手が八分音符、八分音符、四分音符、四分音符となってるところで、3つめと4つめの四分音符が微妙に短くて、あとに八分休符が入ってる感じになってしまっているので、できるだけ音をつなげるようにとの注意を受けた。

ブルグミュラー4番の「こどものパーティ」では、「こどもの」というわりにエレガントに弾きすぎ、もっと元気よくと指摘された。それから、後半に出てくる2箇所の左手のスフォルツァンド、ひとつめはフォルテの中のスフォルツァンドだから特に強く弾くんだけど、ふたつめはピアノの中なので、ひとつめよりはかなり弱めに(でもピアノよりは強く)弾くらしい。ペダルの踏み方にしても、ここは音をつなげるために踏む、ここは強くする目的で踏む、など、それはそれは細かく指導された。こういう練習曲はどんどん進めばいいというものでもないので、そういう細かいところをきちんとこなしていけるように、じっくり取り組んでいこうと思う。それにしても、こんな短い曲なのに学ぶべきことがたくさん盛り込んであって、ほんとに奥深い。

ワルツ3番はトリルがわりとうまくいって、「やった! できた〜」なんて思っていたら、そのあとを間違えて何がなんだかわからなくなってしまい、はじめからやりなおすというハプニングが。でもきょうは音がきれいに出て、わりとちゃんと弾けた気がする。注意事項もほんの小さなことだけだった。
posted by 里緒 at 14:49| Comment(7) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

ピアノ日記――おサボり

超多忙のため、練習がほとんどできない。10分とか20分とかなら時間がとれそうなものだけど、ピアノって気持ちに余裕がないと弾けないものなのね(;_;)。

きかせっこは7月13日らしい。そのへんも締め切りの嵐なんだけど、参加はしたいなあ。ワルツ3番だけでも練習しておかなきゃね。
posted by 里緒 at 11:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ピアノ日記――久しぶりのレッスン

しばらくご無沙汰していましたピアノ日記。時間と気持ちに余裕がなく、2回連続でレッスンを休んでしまい、きょうはきかせっこ前最後のレッスン。なのでワルツ3番だけを見ていただいた。

久しぶりで緊張したのか、最初のフレーズでつまってしまい、頭の中まっ白。本番でもないのに。しかも目をつぶってても弾けるところなのに。長いことピアノにさわってないと思われたかも。確かに練習時間があまりとれず、基礎練習はしばらくやってないんだけど、ワルツ3番だけは弾いていたのよ、いちおう。レッスンでこれじゃあ、きかせっこ当日が心配になってきたぞ。

最初の1回はボロボロだったけど、2回、3回と弾くうちになんとか取り戻せた。でも勘違いしてるところがあって、ゆっくりめに弾いてしっとりと聴かせようと思っていた部分が、テンポよく淡々と弾いたほうがいいといわれてしまった。う〜ん、そうだったのか。表現はまだまだむずかしいね。

きかせっこは7月13日。うまく弾けますように。
posted by 里緒 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

ピアノ日記――きかせっこ

きょうは待ちに待った(?)きかせっこだった。

しばらく忙しくて練習もあんまりできなかったので不安だったけど、きょうは朝まで仕事していたので、5時からヘッドホンをつけて5〜6回練習した。なかなかいい感じだった。

会場(いつものレッスン場所だけど)には先生を除いて一番乗り。ピアノは先週、調律したばかりということで、すごく弾きやすい感じ。練習もかなりうまくいった。

ところが本番は……やっぱりいっぱい間違えちゃった(⌒▽⌒ゞ。でもはじめのうちは緊張してたけど、弾いてるうちに落ち着いてきて、わりと気持ちよく弾けた。

これでやっとワルツ3番も卒業だ〜。次は10番。今月は先生の都合で4週目のレッスンはお休みで、8月はもともとお休みなので、次は9月。それまでにすらすら弾けるようになってるかな〜。

posted by 里緒 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

ユンディのリサイタル

ユンディ・リのピアノリサイタルに行ってきた。

前に小山実稚恵さんのリサイタルに行ったときは、右のほうの席で手元がまったく見えなかったので、今回は左のほうの席をとった。S席だと右側しか残っていなくて、A席のほうが左側でよさそうだったのだ。12列目でちょっと遠かったけど、手はばっちり見えた(^-^)v。

聴いたことのない曲が多かったけど、とにかくすごかった。指の動きなんか、早送りしてるとしか思えないところもあったりして……(^^;)。あんなに力強いのにあんなに長く弾いていられるのは、やっぱり余計な力が入ってないからなんだろうな。

2度目ぐらいのアンコールのときに、うしろのほうから女の子が花束をかかえて前に走っていったものの、わたす機会を失って通路にすわりこみ、そのあとも何度かわたそうと頭をぴょこぴょこ出すんだけどなかなかわたせず、はらはらしてしまった。でも最後にようやく手渡すのに成功すると、客席からは安堵の笑いがもれた。わたせてよかったね。


しばらく忙しくて練習をサボりまくりだったんだけど、またがんばろうって気になってきた。
posted by 里緒 at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

久しぶりのレッスン

ほぼ2カ月半ぶりのピアノのレッスンだった。7月13日にきかせっこがあって以来だから、レッスンとしては3カ月ぶりか。7月第4週は先生の都合でお休み、8月は毎年お休み、9月第2週はわたしの仕事の締め切り前日のためおサボり……とこんな理由であいだがあいてしまったのだ。

お休みのあいだ、ピアノにまったくさわらない日もけっこうあったし、少しだけ練習したとしてもショパンのワルツ10番優先で、ブルグミュラーやABCは先週からちょっとやった程度だったので、きょうはワルツ10番からやらせてくださいとお願いした。

いっぱいつっかえたけどそれなりに弾けた。先生に聞いていただくのはきょうがはじめてだったので、ちょっとびっくりされてしまった。注意点はふたつ(細かくいえばもっとあると思うけど)。スラーに気をつけることと、強弱をおおげさなくらいにつけること。

ブルグミュラーの「こどものパーティ」(まだこれだよ(^^;))はOKをいただき、次はABC。これがね〜、指使いがむずかしいのよ。ほとんど練習しなかったせいもあるけど、ものっっっすごく肩に力が入ってたどたどしくしか弾けず、終わった瞬間、はぁ〜、むずかしい〜!といったら、あれだけショパンが弾けるのに不思議ねえって笑われた。そう、ショパンは指づかいは自由でいいといわれてるから音符に集中できるんだけど、ABCは楽譜どおりの指づかいをするよう言い渡されているからどうもね……。すごく簡単な曲なのになあ。

「ショパンがあれだけ弾けるなら、ABCはやめてもう少しむずかしいエチュードなんかをやってもいいくらいだけど」
と先生がおっしゃったんだけど、
「いえ、続けます!」
とつい……。エチュードと聞くとこれを思い出して体がすぐに反応してしまったのだ。

でもABCってすごくいい教材だと思うので、続けたい気持ちも充分あったし。指づかい、いつか克服できるときがくるのか……?

posted by 里緒 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

あと1回!?

きょうはピアノのレッスンだった。

このところ練習しない日が多くてレッスンも気が重いんだけど、それでもなぜかワルツ10番は少しずつでもよくなっているようだ。相変わらずミスタッチは多いけど、きれいに弾けているといわれ、表現も部分的にほめられた。あとは、ところどころ出てくるリタルダンドをもっと大げさにしたほうがいいとのこと。

「あと1回ぐらいで終わりにして次の曲にいきましょう」

え? え? あと1回!? うそ〜。もっと長くやるんだと思ってたのに〜。

次のレッスンは祝日と重なるため5週目に変更なので、3週間あくことになる。がんばって練習しなきゃ〜。で、次は何を弾くか考えなきゃ。
posted by 里緒 at 23:28| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

今年最後のレッスン

きょうは今年最後のピアノのレッスン。練習時間がなかなかとれないながらも、今年中にワルツ10番を終わらせたくて、それなりにがんばった。

ABCとブルグミュラーは置いといて、まずワルツ10番からやらせていただいた。まあまあのできだったけど、中盤の右手の和音がまだやっぱりたどたどしい。2・4、3・5、2・4、1・3、2・4、3・5……という指づかいで弾くんだけど、高いほうの音をはっきり出さなきゃいけないのに薬指や小指だからなかなかうまくいかないのだ。

でも先生は、気持ちよく聴けたと言ってくださった。

「以前から音楽的な感性がおありだと思っていたけど、それをなかなか前に出せなかったのが、だいぶ出せるようになりましたね」

ええ〜っ、マジですか!? 感性なんて、感性なんて自分にはまるでないと思っていたのよ〜。なんと嬉しいお言葉。お世辞でも嬉しいゾ。

和音は、しばらくたってからまた弾いてみたら案外すんなり弾けたりしますよ、とのこと。やっぱりハノンをまじめにやろう。

というわけで、ワルツ10番は無事OKをいただき、次からはトロイメライをやることにした。ノクターン2番にしようかとも思ったんだけど、どうもむずかしくて。トロイメライは1ページだけだから、それをやりながらノクターンもこっそり練習しようっと。あと、Gounodのアベマリアも勧められ、楽譜を買って帰った。とっても簡単そうに見える楽譜だけど、きれいに弾くのはむずかしそうだ。こういう音符の少ない曲って、ごまかしがきかないのよね(^^;)。

またいろいろと弾きたい曲が出てきたけど、楽しくがんばりましょ。
posted by 里緒 at 13:15| Comment(6) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

どうしよう〜

きょうはピアノのレッスン日。前回は練習ができてなくてサボってしまったので、きょうは行かなくてはと思い、雨の中がんばって行ってきた。

「だいぶよくなりましたね。なんか、荒削りだった彫刻が形になってきたという感じ」

きのうときょうの特訓の成果です!(それまでピアノにさわりもしなかった)とはいえず、「ははは……ありがとうございます」とごまかしておいた。

しかしそのあとで衝撃の告白が! 11月に発表会をやるというのだ。今まで年に1〜2回、生徒が集まって曲を披露する、内輪だけのぷち発表会「きかせっこ」をやっていたのだけど、今度はちゃんとしたホールを借りてやるらしい。しかも600人も入るホールだって! ひえ〜、どどどどうしよう〜〜〜。あまりにびっくりして30秒ぐらい気を失っていた気がする。

以前は練習熱心だったのでショパンなんかをやっていたんだけど、最近はサボりっぱなしですっかり初心者にもどってしまったからなあ(ピアノ歴4年弱)。ちゃんと練習しなきゃ……(トホホ)。
posted by 里緒 at 00:00| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ピアノのレッスン、その他

そろそろ梅雨が明けてもよさそうなものなのに、今ごろになって梅雨らしくなってきた。しばらく続くらしい。おかげできょうは肌寒いくらい。ちびらが寄り添う姿は夏にはめったに見られないのに、きょうはくっついている。なんだかなごむ。

179206865_237.jpg


4時からピアノのレッスン。前回(2週間前)発表会の告知を受け、曲はドビュッシーの『夢』なんかどうかしらと先生に言われたので、帰りに楽譜を買い、アマゾンでCDを注文した。ドビュッシーといえば『月の光』ぐらいしか知らなかったんだけど、聴いてみたら気に入ってしまい、それまでピアノにさわらない日のほうが多かったのがウソのように練習しまくった。はじめのうちはメロディーがうまく出なくて苦労したけど、練習するうちに少しずつでもよくなっていくのがうれしかった。まだまだゆっくりしか弾けないけど、なんとか暗譜もできた。

でも先生の前で弾いてみると、家で弾くほどうまくいかず、しかも細かいところで何箇所か勘違いしていた。やっぱり不注意なんだなぁ。いったん思い込むともう気づかないっていうか……。翻訳と同じだ(^^;)。8月はレッスンがお休みなので、9月にはみちがえるように上手になっていたいなあ。

先日、駅に図書館で借りた本の返却ポストがあるのに気づき(あんまり電車に乗らないからいつからあったのか知らない)、きょう利用してみた。便利だ〜。
posted by 里緒 at 13:20| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

あと3週間ちょっと

ピアノの発表会まで。

きょうのレッスンで、当日のプログラムをもらった。なんか参加者が少ないなぁ。やめた人もいるし、指をけがして出られない人もいるらしい。おとなになってからはじめた人が何人かいるのに、わたし以外の出演者は昔からやっててめちゃくちゃ上手な人ばかり(T^T)。いいのか、ピアノ歴4年のわたしが出て?

家ではそこそこ弾けるようになってたのに、先生の前だとやっぱりへんなところでまちがえるなあ。う〜、間にあうかしらん。

よし、イメージトレーニングだ! できるできると自分を暗示にかけるのだ!

 
posted by 里緒 at 18:09| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

もうすぐだ〜

ピアノの発表会が3日後に迫りました。練習がんばってます〜。前はミスするとつい止まって弾きなおしていたのが、すっとぼけてそのまま先に進めるようになりました。先生にもそうするようにいわれてるし。ミスしないのがいちばんなのですが、当日は緊張してなにが起こるかわからないしね。

曲はドビュッシーの『夢』ですが、夢といえばこのごろ誰かに追いかけられる夢をよく見ます。やっぱり発表会のプレッシャーかしら。追いかけられる夢は子どものころによく見ましたが、だんだん慣れてきて、あー、つかまるー!という瞬間に「ここまで逃げたことにしよう」と自分で夢を操作できるようになっていました(^^;)。途中でこれは夢だとわかることってありませんか? たとえば火事の夢も昔よく見ましたが、「あ、これ夢だ。前も見たもん」って夢の中のわたしがいってたり。子どものころって追いかけられたり落ちたり火事だったり、なんか悲惨な夢が多かったなあ。わたしの幼少時代っていったい……。最近はとっても楽しい夢ばかり見てたのに、ここしばらくは追いかけられる夢で辛いです。あと3日の辛抱だ〜。

ところでひとつ宣伝ですが、猫の絵のブログをはじめました。気が向いたらのぞいてみてくださいね。
posted by 里緒 at 18:57| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

終わった〜

ピアノの発表会、無事(とはいえないが)終了〜。

会場は、事前に調べたら600人入る大ホールということだったのでビビッていたのですが、数字から想像するよりこぢんまりしたホールでした。ピアノはあこがれのスタインウェイのグランドピアノ! はじめてだよ〜。でも鍵盤が軽くてペダルが重く、いつものピアノとずいぶん勝手が違うので、リハーサルのときに戸惑ってしまいました。音はさすがにきれいでしたが。

内輪だけの発表会ということで、お客さんはたぶん身内ばかり。少ないから緊張しないというわけではなく……。いっぱいまちがえました(トホホ)。失敗する確率が高く、直前まで不安が残ったところが何箇所かあったのですが、そこは全部だいじょうぶで、ふだんまちがえないところでやっちゃいました。まあそういうことなので、あがってはいたんでしょうが、まっ白になることはなくてよかったです。最後の18小節はきれいにまとまったと思います。

ま、終わりよければすべてよし、ということで。いやなことは終わった瞬間に忘れました。今となってはいい思い出です。(早い?)

わたしのあとの人は、同じドビュッシーのアラベスク第1番を弾いたのですが、すごく素敵でした。いつかわたしも弾けるようになりたいなあ。

とりあえず次は、ショパンのノクターン2番をやりま〜す。
posted by 里緒 at 20:00| Comment(2) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

久しぶりのレッスン

なんですか、この寒さ。出かける途中で死ぬかと思った。雨は降るし。

きょうはものすごーく久しぶりのピアノのレッスン。祝日でお休みだったり自分の都合で休んだりして、2カ月ぶりくらいかな。なのに練習をほとんどせず(^^;)。おとといくらいからちょっとがんばったけどね。

そんなわけで、ノクターンもあんまり進歩してないんだけど、それでも前回よりはちょっとはましに弾けた気がする。特に最後のところ。

070404_1831~0001.jpg
       ↑
      ここ。

プロの演奏を聴くとめちゃ速いんだけど、わたしは練習ではゆっくりめに弾いていた。でもレッスンではなぜかけっこう速く弾けてしかもまちがえず(ここだけね)、自分でもびっくりした。まぐれだとは思うが。なんかきょうはピアノが弾きやすく感じたし音もきれいな気がした。同じピアノだと思うんだけどなあ。

でもほかのところはまだまだいっぱいミスするので、がんばらなきゃね。やっぱり毎日練習しないとダメだわ。わかってるんだけど。
posted by 里緒 at 18:46| Comment(0) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

初耳だよ〜〜〜

久しぶりにピアノのレッスンに行ってきた。

長いことやっているショパンのノクターン2番もようやく暗譜できて、前回(といっても続けて休んだのでかなり前)よりましに弾けるようにはなったんだけど、いつもより細かく先生のチェックが入った。まあ、今までは細かいところに注意するレベルではなかったしなあと思っていたら、レッスン終了後……。

「17日は2時に集まることになりましたから」
「え、なんですかそれ?」
「きかせっこ(※)だけど……あら? いってなかったかしら……?」
えーーーーーー!!!!! 聞いてないですぅ〜〜〜」

先生はすっかり伝えた気になっていて、ノクターンをやるものと思っていたらしい。わたしが何度も休んだのが悪いんだけど、寝耳に水とはこういうことをいうのね。しかも17日とは10月17日のこと。1カ月切ってるし!

急にテンション下がる。

しょうがない。今、手持ちのはノクターンしかないし、これでいきましょう。暗譜もできたからあとは完成させるだけだ。でも間に合うかなあ……。

はぁ〜〜〜。去年はちゃんとしたステージでの発表会があってボロボロだったけど、今年はなにもなくて平和だなあと思っていたのに……。  




(※)きかせっこ:内輪だけでやるぷち発表会。

posted by 里緒 at 20:42| Comment(4) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

きかせっこ終了〜

どうなることかと思ったけど、なんとかなった。

はじめのほうはちょっと緊張気味だったけど、途中で落ち着いてきてミスもあんまりなかったので(まったくなかったといえないのがツライが)これはいけるぞ!と思ったら突然手が震えだし、一箇所つっかえてちょっと止まってしまった。でも最後はきれいにまとまった。

なんちゃってピアノ弾きのわたしとしては、まずまずのできだった。去年の発表会はひどかったからな〜。

あとで先生に、「きょうはうまくいったじゃない」といわれた。ばんざーい! だって今までのきかせっこや発表会で、ほめてもらえたことなかったんだもん。本番に弱いもんで。


全員の演奏が終わったあとはお茶会。和気あいあいとおしゃべりしているそのときに、衝撃の告知があった。

「来年の9月22日に、去年発表会をしたホールを借りました」

ぎょえ〜、また舞台で弾くんですか! 

「夏前くらいには曲を決めましょう」

そんなんじゃ間に合わん。今から決めておきます!
posted by 里緒 at 18:50| Comment(2) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ピアノの発表会

終わったー! 

リハーサルのときはどうなることかと思った。途中でまちがえてわからなくなるし、指が勝手に変な方向へ動いていって収拾がつかなくなるし。リハーサルでこれだったら本番はぜったい無理!と妙な自信がついちゃって。

前半1時間ほどは声楽の発表会で、休憩をはさんでそのあとがピアノだったんだけど、わたしはピアノの2番目。1番は今年初参加の年配の方で、落ち着いているように見えたけど相当あがっていたらしく、途中でまちがえて弾きなおしてもやっぱり音が違って……みたいな感じで、それが何度かあってちょっと気の毒だった。でもおととしの発表会でわたしもまったく同じ経験があるので、心の中でものすごーく応援していた。

でもそのおかげでドキドキする暇もなかったのがよかった。自分の番になって最初のうちは多少は緊張していたけど、リハーサルよりちゃんと弾けて音もしっかり出たので、まん中あたりで「お? やるじゃんあたし」とか思ったら、そこからはもう自分ひとりの世界に入っちゃって気持ちよーく弾けた(^-^)v。

数カ所ミスタッチはあったんだけどね、いつものわたしなら止まったり弾きなおしたりするんだけど、すっとぼけて先へ進めたし(先生にもそうするようにいつもいわれてるし)、舞台でスタインウェイのピアノで気持ちよく弾けたというのは、自分としては上出来だ。よかったよかった。




080919_2009~0001.jpg

きょうのために突然思いたって3日前に作ったネックレス。

posted by 里緒 at 18:58| Comment(3) | ピアノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。